20210320_220501.jpg

ご挨拶

​代表 谷川 智宏

はじめまして。Cocode代表の谷川智宏と申します。
私共は、応用行動分析学(ABA)、行動療法、認知行動療法に基づく行動的心理療法、健康心理学、脳育成療法・ビジョントレーニングによるセラピーを専門としており、子供から高齢者まで、発達障害や発達のきになるお子さま・こころの病気を抱えた方・認知症の症状を抱えた方など幅広い領域で〝こころ〟〝からだ〟〝あたま〟の 健康サポートをしております。


発達障害・こころの病気・認知症などを抱えて不安や悩み、生きづらさを感じたり、日常生活に困難が生じている場合、ご本人およびご家族は「少しでもよくしたい」「なんとかしたい」「困っていることを解決したい」と切に願っています。
そして「医療機関や公的サービスを利用すればよくなるのではないか」と期待して利用しているのに「改善効果がほとんど確かめられない」と途方に暮れている方を大勢見てきました。

私共は、クライエントの抱えるニーズに対し、具体的な行動に焦点をあて、現在の環境に焦点をあてて具体的な解決策、本当に役立つセラピーを提供し、
「よりよい人生」「自分に適したライフスタイルの確立」の実現をサポートさせていただきます。
 
皆様のお役に立てるよう精一杯頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

代表者紹介

オーストラリア公立ラ・トローブ大学健康科学学部看護助産学科高齢者ケア学士卒(高齢者ケア学士)
星槎大学 行動分析学履修得 
所属 日本行動分析学会、日本認知・行動療法学会、ACT Japan

埼玉県草加市の特別養護老人ホームの介護士

 在宅介護支援センター及びホームヘルプサービス事業運営責任者

埼玉県三郷市の総合福祉施設の主任介護士

東京都十条の訪問入浴サービス及び24時間ホームヘルプサービス

2001年から神奈川県川崎市にて居宅介護支援事業所の介護支援専門員

2002年~2019年 東京都品川区の在宅介護支援センター(後の地域包括支援セン

 ター)の所長兼居宅介護支援事業所の管理者兼介護支援専門員

2019年~2021年 船橋市の居宅介護支援事業所の介護支援専門員

2021年 Cocodeセラピー設立

2022年 Cocodeケア合同会社設立

2011年 応用行動分析学との出会いから、行動療法や認知行動療法など行動的心理療法を用いて認知症と診断された方へのBPSDコンサルテーションや高齢者を専門にうつ病や強迫性障害などの心の病気を抱えた方への実践的な支援を開始。

2017年 発達障害児への応用行動分析学(ABA)による療育にも取り組む。

2018年 ワシントン大学看護学部心理社会・コミュニティ健康学科研究教授のSusanM. McCurry博士に師事。認知症と診断された方のケアや,そのケア をする

周りの方々の生活の質を改善するための実践的なアプローチや認知症の方とそのご家族が,お互いに尊厳や尊敬をもち,ポジティ ブに過ごせるようにするためのツール(DANCEモデル),
D=Donʼt argue!(言い争いをしな い!)
A=Accept the disease(症状を受け容れる)
N=Nuture the caregiver(ケアをする人を支える)
C=Creative problem-solving(問題 解決策を生み出す)
E=Enjoy the moment(その瞬間を楽しむ)という家族支援プログラムを学び、
認知症ケアに悩む介護種家族をサポート。

著書 応用行動分析学(ABA)で学ぶ認知症介護者行動プログラム

    認知症の症状を抱えた人の介護に悩む介護者を支援する

論文 パニック発作を繰り返す高齢者に対して心拍バイオフィードバックを取り入れた脱感作法の適用

事 業 内 容

名刺.png

​     介護保険サービス
    居宅支援事業所